伊良湖観光ガイド 伊良湖観光ガイド
お客様の旅をサポート
090-9920-2436
予約受付 9:00〜21:00
HOME
観光コース
食べる
泊まる
買う
体験する
よくあるご質問
自然を満喫
歴史・文化にふれる
田原市のお祭り
田原市のイベント
のんびり観光コース
戻る
伊良湖岬の渡り鳥
観光コース一覧
 季節の変わりめとなる春と秋は、鳥たちにとって大切な“渡り”の季節です。
 夏は繁殖地と越冬地を行き来する比較的遠距離の移動を“渡り”というのですが、一面では弱い鳥を
 切り捨てる過酷な旅なのです。現在、日本では五百数十種の野鳥が確認されていますが、大半が
 この渡りを経験し、多くが伊良湖岬を通過するのです。
 その中でも特に壮大なタカの渡りは、10月初旬がピークで1日に数千羽もタカが大空いっぱいに、
 次々と対岸の志摩半島をめざして飛んで行くのが見られます。
 また、数の多いヒヨドリは100〜500羽で大きな群れを作り帯状になったり、帯状になったり、
 ダンゴ状になったりしながら騒がしく飛び、その数は1日1万羽を超えることもしばしばです。
 この他にも北方の繁殖地で夏を過ごしたさまざまな鳥たちが時には幾百もの大きな群れで、
 時には1羽っきりでもくもくと南の国をめざして飛んで行く姿が 十分堪能できることでしょう。
 このようにタカを始めとする多くの渡り鳥が伊良湖岬を通過することがわかったのは昭和47年
 10月のことです。以来伊良湖岬は、渡り鳥の重要な中継地として注目されるようになりました。
 そして、さらに岬周辺の原生林は、渡り鳥たちの大切な休けい場所であることもわかりました。
 私たちは、こうした伊良湖岬の自然を理解すると共に大切に保護していかなければなりません。
 伊良湖岬で見られる渡り鳥(秋期)
 サシバ
渡りのピーク
10月上旬
体の特徴
カラス程の大きさ。翼から胞、腹にかけて褐色味が強い。 サシバ
近くで見ると、喉に一本たてスジがあるのがわかる。
まっすぐ飛ぶときには 数回浅く羽ばたいて、しばらく
滑空する動作をくり返す。「ピックィー」と鋭い声で鳴く。
タカの中ではトビに次いで数が多い。
飛ぶ特徴
上昇気流を利用し、高度を上げ滑空。群れるがかたまらない。
行 先
東南アジア
 ハチクマ
渡りのピーク
10月上旬
体の特徴
サシバによく似ているが大きい。トビより少し小さめ、 ハチクマ
サシバに比べ首が長く見える。尾は円いが、とじた尾の先は
不揃いに見える。色、模様は少々変化に富む。
名前は、ハチを食することからつけられたものである。
飛ぶ特徴
上昇気流を利用し、高度を上げ滑空。単独のことが多い。
行 先
東南アジア
 ツミ
渡りのピーク
10月〜11月
体の特徴
ツミ
飛ぶ特徴
単独で渡る。上昇気流で高度を上げ滑空するがよくはばたく。
行 先
西南日本、東南アジア
 チゴハヤブサ
渡りのピーク
10月上旬
体の特徴
チゴハヤブサ
飛ぶ特徴
単独で渡る。力強くはばたき、速度も速い。
行 先
東南アジア
 ヒヨドリ
渡りのピーク
10月〜11月
体の特徴
全体に灰色で、とまっているとあまり目立たない。 ヒヨドリ 
飛びながら「ピーピー」と大声で盛んに鳴き広げた翼の脇は
茶色味を帯びている。尾は長い。
飛ぶときは、深い波形をえがいて飛ぶ。
伊良湖岬付近では、一年中見られるが冬季は数を増す
飛ぶ特徴
大きな群れをつくり、かたまって飛ぶ。海上に出ると急降下し、海面スレスレを飛ぶ。
行 先
西南日本
 ツバメ
渡りのピーク
8月〜10月
体の特徴
ツバメ
飛ぶ特徴
群れは広がってかたまらない。スピードもある。
行 先
東南アジア
 メジロ
渡りのピーク
10月〜11月
体の特徴
メジロ
飛ぶ特徴
10〜50羽の小さな群れをつくる。チーチーと鳴きながらとぶ。
行 先
西南日本
 カワラヒワ
渡りのピーク
10月〜11月
体の特徴
スズメぐらいの大きさ。体の色は緑褐色と黄色。 カワラヒワ
飛翔時翼の黄色がよく目立つ。
「ヒリッヒリッ」と鳴きながら飛ぶ。
一年中見られるが、冬季多くなる。
飛ぶ特徴
10〜50羽の小さな群れをつくる。ヒリヒリと鳴き、翼の黄色がよく目立つ。
行 先
西南日本
 ハクセキレイ
渡りのピーク
10月〜11月
体の特徴
白と黒のツートンカラーのきれいな小鳥。 ハクセキレイ
スズメより少し大きい。尾は長い。飛ぶときは
「チチン、チチン」と鳴き大きな波形を描いて飛ぶ。
冬には数多く付近の田畑で越冬し、地元の人々に、尾をよく
振ることから「シリフリドリ」と言われて親しまれている。
飛ぶ特徴
10羽程の小さな群れで飛ぶ。大きな波形の飛行。
行 先
西南日本
 アマツバメ
渡りのピーク
10月上旬
体の特徴
日本では3種、すべてが繁殖。アマツバメの翼は典型的な アマツバメ
鎌形尾は深い凹尾、腰と喉が白い。嘴は大きく開き、
足は短い。生活の大部分を空中で過ごし、飛びながら昆虫
をとり、巣材も空中で集める。断崖、樹洞、建造物などに巣
を作る。  
飛ぶ特徴
晴れた日は空高く飛び見にくい。速い速度でせん回しながら飛んでゆく。
行 先
西南日本、東南アジア
 ムクドリ
渡りのピーク
10月〜11月
体の特徴
体長24cmで大きさの基準になる野鳥の一つ。 ムクドリ
全体に黒褐色で、嘴と足が橙色、腰と尾の先が白い。
顔の白い部分は個体差が大きく雄の成鳥ではくっきり
白いが、若鳥ではぼんやりしている。
飛ぶ特徴
数十羽の群れで、一直線に飛ぶ。
行 先
西南日本
 ※上記以外に見られる渡り鳥
タカの仲間
ミサゴ・ノスリ・オオタカ・ハイタカ・ハヤブサ・チョウゲンボウなど。
小鳥
ハリオアマツバメ・ヒバリ・ショウドウツバメ・キセキレイ・ノゴマ・
ノビタキ・ツグミ・コサメビタキ・サメビタキ・エゾビタキ・シジュウカラ・
ホオジロ・アオジ・カシラダカ・クロジ・アトリ・ウソ・イカル・カケス・
コムクドリなど。
渡り鳥のコース
種類によって違いはあるが、おおむね日本列島に沿って南下する。特にタカの渡りについては
東西に走る中央構造線が渡りのコースの中心になっていると言われている。
☆サシバのルート・・・・東→伊良湖岬→四国→台湾・フィリピン方面へ
☆ハチクマのルート・・・東→伊良湖岬→四国→中国大陸へ
渡り鳥の速さ
種類によってかなり差違があるが、一般的には翼の広い鳥は遅く、細くて長い鳥は速いと
されている。前者ではメジロ、ヒヨドリ等。後者ではハヤブサ、アマツバメ等があげられる。
因みに平均速度は、ヒヨドリで自転車より少し早い30〜40km/h、サシバで40km/h〜50km/h。
「渡り」は晴れた日に多く、雨の日や、強い風の日は少ない。
タカの渡り
 伊良湖岬での渡り鳥が観察できる時期
サシバ
9月下旬〜10月下旬
ハチクマ
9月下旬〜10月中旬
ツミ
9月下旬〜11月中旬
ノスリ
10月上旬〜11月上旬
ツバメ
8月下旬〜10月下旬
ヒヨドリ
9月下旬〜11月下旬
ハクセキレイ
9月上旬〜10月下旬
アマツバメ
9月下旬〜10月下旬
カケス
10月上旬〜10月下旬
カワラヒワ
10月上旬〜11月下旬
ジョウビタキ
10月中旬〜11月下旬
 伊良湖岬での『渡り鳥』観察場所
  ☆恋路が浜駐車場が、渡り鳥の観察場所となっております。
タカの渡り
注1)駐車場で渡り鳥観察するのは宜しいのですが、飲食するのは止めましょう。
   これはマナー違反です。
このページの上へ↑
伊良湖観光ガイド 伊良湖観光ガイド
お客様の旅をサポート
伊良湖観光ガイドは、他のお客様を気にする事なく 貸切でお楽しみ頂けます。観光地を知りたい
感じたいと思っているお客様におすすめです。さまざまなサービスをご提供し、ご予約時間内は
海の見えるお部屋もご利用できます。思い出に残る旅をサポートします。
お車は アルファード8人乗りを ご用意させて頂きます。
伊勢湾フェリー・名鉄高速船ご利用のお客様へ
フェリー・高速船の乗船時間を お知らせ頂ければ 伊良湖港桟橋まで お迎えに上がります。
伊良湖港より乗船のお客様は フェリー・高速船の割引券をご用意させて頂きます。
その他、お迎え場所、お送り場所は ご指定下さい。
▼ 下記は伊良湖発着の観光コースです。
伊良湖 → 伊良湖
所要時間
1 時間
観光コース
伊良湖 → 椰子の実記念碑 → 日出の石門 → 恋路ヶ浜 → 伊良湖岬灯台 →
恋路ヶ浜 → 伊良湖 観光コースを見る
ご利用料金
▼ご利用料金は1グループ(1団体様)の料金です
1〜2名 7,980円  3〜4名 8,980円  5〜7名 9,980円
備 考
発着場所は 伊良湖エリア(港・施設・その他)ご指定下さい。
時間延長30分毎 3,000円で 承ります。
このページの上へ↑
▼ 下記は豊橋鉄道バスご利用のお客様に便利な観光コースです。
伊良湖 → 保美車庫前 / 保美車庫前 → 伊良湖
所要時間
1 時間
観光コース
伊良湖 → 恋路ヶ浜 → 日出の石門 → 菜の花 → 保美車庫前 観光コースを見る
保美車庫前 → 菜の花 → 日出の石門 → 恋路ヶ浜 → 伊良湖 観光コースを見る
ご利用料金
▼ご利用料金は1グループ(1団体様)の料金です
1〜2名 8,980円  3〜4名 9,980円  5〜7名 10,980円
備 考
豊橋鉄道バスご利用のお客様に 大変便利な観光コースです。
時間延長30分毎 3,000円で 承ります。
このページの上へ↑
▼ 下記は渥美線電車ご利用のお客様に便利な観光コースです。
伊良湖 → 三河田原駅 / 三河田原駅 → 伊良湖
所要時間
40 分
観光コース
伊良湖 → 日出の石門 → 三河田原駅 観光コースを見る
三河田原駅 → 日出の石門 → 伊良湖 観光コースを見る
ご利用料金
▼ご利用料金は1グループ(1団体様)の料金です
1〜2名 9,980円  3〜4名 10,980円  5〜7名 11,980円
備 考
渥美線電車ご利用のお客様に 大変便利な観光コースです。
プラス2,000円で1時間コースが ご利用できます。
以降、時間延長30分毎 3,000円で 承ります。
このページの上へ↑
▼ 下記はJR新幹線ご利用のお客様に便利な観光コースです。
伊良湖 → JR豊橋駅 / JR豊橋駅 → 伊良湖
所要時間
1 時間10分
観光コース
伊良湖 → ベイブリッジウェイ → JR豊橋駅 観光コースを見る
JR豊橋駅 → ベイブリッジウェイ → 伊良湖 観光コースを見る
ご利用料金
▼ご利用料金は1グループ(1団体様)の料金です
1〜2名 16,980円  3〜4名 17,980円  5〜7名 18,980円
備 考
JR新幹線ご利用のお客様に 大変便利な観光コースです。
プラス1,000円で1時間30分コースが ご利用できます。
以降、時間延長30分毎 3,000円で 承ります。
このページの上へ↑
▼ 下記発着場所をご確認の上、観光コースを ご覧下さい。
 お車は アルファード8人乗りを ご用意させて頂きます。
A1 伊良湖 発 → 伊良湖 着 観光コースを見る
A2 伊良湖 発 → 保美車庫前 着 観光コースを見る
A3 伊良湖 発 → 三河田原駅 着 観光コースを見る
A4 伊良湖 発 → JR豊橋駅 着 観光コースを見る
保美車庫前
A5 保美車庫前 発 → 伊良湖 着 観光コースを見る
A6 保美車庫前 発 → 保美車庫前 着 観光コースを見る
A7 三河田原駅 発 → 伊良湖 着 観光コースを見る
A8 三河田原駅 発 → 三河田原駅 着 観光コースを見る
A9 JR豊橋駅 発 → 伊良湖 着 観光コースを見る
A10 JR豊橋駅 発 → JR豊橋駅 着 観光コースを見る
フリー旅プラン
上記観光コース以外で お迎え場所、お見送り場所をお考えのお客様は
フリー旅プランで お見積りさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。
ご年配者や足の悪い方、お子様連れの方に大変便利なプランです。
また ご予算をお考えのお客様も フリー旅プランで ご相談下さい。
このページの上へ↑
USBソケット、USBケーブルのご用意がございます。
車内で スマートフォン、タブレットの充電をされるお客様はお申し付け下さい。
双眼鏡のご用意がございます。
蔵王山展望台などで 景色を見るのに必要なお客様は お申し付け下さい。
いざという時のために、ソーイングセット、キズテープのご用意がございます。
衣服の破れ、解れ、ケガなどがございましたら、お申し付け下さい。
伊良湖観光ガイド
▼ 電話予約のお客様は
コース番号をご確認の上、ご予約下さい。
090-9920-2436
予約受付 9:00〜21:00
▼ ネット予約のお客様は
コース番号を ご入力して下さい。
※お急ぎのお客様は お電話でご予約下さい。
JR新幹線で お越しのお客様へ
JR豊橋駅(西口)より 東口バスターミナルまでは約400m、渥美線電車改札までは約700mです。
豊橋駅⇔伊良湖岬間は バス停が68ヶ所または65ヶ所あり 所要時間は 2時間15分くらいです。
HOME
このページの上へ↑
サイトについて プライバシーポリシー観光コース 泊まる 食べる買う体験するよくあるご質問 |
伊良湖観光ガイド 伊良湖観光ガイド
お客様の旅をサポート
伊良湖観光ガイドは 他のお客様を気にする事なく貸切でお楽しみ頂けます。
観光地を知りたい、感じたいと思っているお客様におすすめです。
さまざまなサービスをご提供し、ご予約時間内は海の見えるお部屋もご利用
できます。思い出に残る旅をサポート致します。
Copyright(C) 2018 伊良湖観光ガイド All Right Reserved.